2018年7月16日月曜日

コンゴ


結果フランスでしたね
我が家でも昨夜はフクイブランド大使などを招いて
あーだーこーだと騒いでおりましたが
結果フランスでしたね


そして今回のワールドカップも見所満載でしたね

今後はまっ直ぐに伸びる美しいカウンターが流行りそうですね

今夜は1枚物の美しいカウンターでんまい酒のみたいっす


2018年7月14日土曜日

Black Eyed Peas


昨年あたりからファーギー抜きで
デビュー当時の3人で各国でのスタージなど活動を続け
曲も次々と発表し続けながらアルバムの噂がちらりしない
Black Eyed Peas ですが
また新たな新曲発表

コレがまた今のアメリカを訴えたかんじの映像で
サウンドの方もコレまた Black Eyed Peas らしさとはちと違い
またいいかんじ

ファーギーがいない Black Eyed Peas の時代を知る者は
今となってはもう少なくなってしまったかもしれないが
Black Eyed Peas の前身である Atban Klann に関していうと
N.W.A. の Easy-yが主催していた Rethless Records からデビューしていたので
もともとの気質はそんなかんじ
どんなかんじ
まあ最近の3人がまたいいかんじなのでいいのである

ちなみにファーギーもソロでやっていて
4人の関係も良好とのこと
ほんとちなみな話ではあるが



最後の方であの人に似た人生卵投げられてた

2018年7月13日金曜日

OBEY


先日お便りが届きました
2006年8月29日の SQUAL のホームページのっている
OBEY x DC のスニーカーをすごく探していて
もしあるのであれば譲って頂きたい
という内容でした

それにしてもそんな古いページによくたどり着いたなと思い
とんとんとーんと検索してみると
OBEY x DC で SQUAL  がトップにどーんと
なるほどなと思いながら
(その記事はこちら

光をシャトし保管している宝部屋から
10数年ぶりに光の下に

うーん
箱の潰れも色あせも湿気も吸っていない
パーフェクトな状態の箱
スニーカーも
試し履きもしていなく
型くずれも接着面の劣化もなくパーフェクトな状態
インソールまでこだわりのアートソール
このあたりからインソールで遊ぶスタイルが増えていったと記憶する
付属のカードもステッカーも欠品はなく
保存状態もパーフェクト
最後の1個は資料として
とかなんとか言い訳しながら残しておいた
グラフィティーアーティストととのプロジェクトのはしりとなった
この1足

ほんとうに欲しがっている人のもとに
やはり物って
アツイ想いの人のもとにあるべきだからね

そういえばむかし
このデッキは売らないよって言ってた
キースへリングの世界99本限定のスケートボードを
「コレクションするの?」
って聞いたら
「最近バーで働き出してそこまでの足にしたいんです」
って答えたヤツの足にキースへリングのタトゥを見つけて
「スケートもバーテンも頑張れよな」
って渡した事思い出したわ

ちなみに話は OBEY に戻り
今から15年ほど前に誰が
OBEY と HUF がコラボするなんて予想しただろうか
しかもその頃 HUF はまだ日本に代理店がなく
買い付けだったので
SQUAL の店頭でもTシャツが8000円ほどだった
値段はともかく
買い付けに行ってますとか
来週から買い付けてきた商品店頭に並びます
とかなんかいいよね
よかったよね
何でもそうだけど
なんでも便利すぎない方が
少しよかったり
けっこうかっこよかったり
するね

って話のはしりだしとずいぶん話が変わったけど
まっそういう事だね

2018年7月12日木曜日

6 と 7


6月
7月
ってバースデーの人多いのだろうか
だって先月から
すごくいろんなところで食ってんだよね
誕生した人がいるからに託けて
そして
気がついたのだが
いっとき新しいカフェできたとか
はしゃいでいたと思うんだけど
まあそれは女子の話ではあるが
いっときは深夜までやっていたチェーン店を含むカフェなどが
いっせいに10時までとかになったこと
なので
家呑みじゃなく
家カフェ?じゃないけど
外で呑んでコーヒーなど買って
家に帰ってみんなでくつろぐってスタイルが最近の
ってそれって
むかしっからそれが普通
って気がついた

そんだけっす

2018年7月11日水曜日

あがりではないけど


子供の頃はね
風呂あんま好きじゃなく
銭湯とかも興味なく
少しおっきくなって
小学校の高学年になると
銭湯に毎日行きたがるように
突然風呂が好きになることなんてあるはずもなく
ただ夜に大手を振って友達と遊べるってのが銭湯に向かう理由で
なんか夜の銭湯に大人にまじって
子供だけでってのがなんだか楽しかった

この餅屋のすぐそばにある
寿湯っていうのが
そんな小学生の社交場であった
そして
それから中学になると
その寿湯の裏にまわったこの入り口
貸切で入れる家族風呂にドキドキしながら入ったものだったが
昨年この建物は姿をけした
話は表の交差点にもどり
この林の餅屋なのである

風呂上がりといえば
子供の目指すものといえば
ジュース or アイス
なのだが
ここの餅屋にも手作りのアイスモナカがあるのだが
小学生には渋すぎなのと
この暖簾をくぐり100円を1個に投入する勇気はまだ持ち合わせていなく
ジュースとお菓子
アイスとお菓子というコンボを求め錆びついたドアをこじ開け
駄菓子屋に滑り込んでいた
駄菓子屋でゲットしたブツを持って
夜の公園に行き
スッキリさせた汗も
新しく着替えた服も
全てベッタリに仕上げたものだった

月日な流れ
大人になってからというもの
毎年夏のアッチイ時期になると
暖簾をくぐるようになったが
今年は例年より早くくぐった

そして
そんな子供の頃を思い出し
夜の公園ではなく
昼の公園に行ってみた
この日は特にアッチイかったので
迷わずブルーベリーをチョイス
ブルーベリーはシャリシャリした食感で
なんだかとても涼しくしてれるんだよね

残りは家に持って帰ったんだけど
どんなに寄り道しても
ここのアイスモナカ大丈夫なんだよね
なぜならちっさいクーラーバッグ貸してくれるから
クーラーバッグじゃないほどの距離なら
保冷バックくれるしね
まあオレの場合はそれすらの距離もないから大丈夫なんだけど
この日は
ほんのり溶けかかっていた

ちなみに
オレはバニラとブルーベリーをリピートし続けるんだけど
初めての人にプレゼントするのにいろんな味買って帰るんだよね
ちなみにちなみに他に夕張メロンとかもあんだよね

あと
毎回
「今日はあっついから
 餅とか口の中ネチョネチョして食べたくならないよね
 でも餅1個入れといたよ」
ってお母ちゃん
そして大人は子供のルーティンとは逆の
昼に公園
夜には夜のメシながら
ベッタリに仕上がるのは同じゴールだった

2018年7月10日火曜日

蕎麦カツ [ そば処 裕心 ]


んなわけで
コレぞ自分にピッタリなフクイセット
蕎麦カツを探すべく
まずは
ベースが必要なわけで
そうジャッジで1番重要となるのは
ベースを見つけそこから加点減点なので
やはり大事なのはベースなのである
とは言え
別に点数つけるわけでもなく
自分の中での
昔から慣れ親しんだスタイル
蕎麦屋のソースカツ丼の
んまいおろし蕎麦
で重要なのはそのコンボバランス

ってなわけで
まずは
蕎麦丼セットならここってぐあいで
昼時なんか完全試合に近いぐらいで
みな何かしら蕎麦と何かしら丼のセットに箸をのばしている
ここ

王道の
おろし蕎麦とカツ丼のセット
この提供のされ方も大事なんだよね
蕎麦におろし出汁がかけられておらず
蕎麦とおろし出汁が別で提供され

しかも出汁につけて食べれる器で提供スタイルが1番好きなんだよね
おろし出汁別提供だけど
出汁ツボっちゅうのなんちゅうの
トックリみたいなやつに入ってると
元気に手あげて「なんか器ください」
って言わないといけないのでなんかなんかなのだ
元気に言わないといけない理由もちゃんとある
おごそかに伝えると
こいつ通気取ってんのかって煙たがれる
こっちゃ〜ただ好きなように食いたいだけなんだけどって
心でつぶやく形となる
まあ
んなわけで
カツ丼もご覧のベーシックスタイル
これぞ蕎麦屋の
これぞ県外客人に伝えたい
福井のソースカツ丼
もちろんヨーロッパ軒はこのスタイルじゃないからね
申し分ないルックスと味
味ではあるのだが
オレが探し求める
カツはこれではないのである
もう少し薄いぺらんスタイル

ただくどいようであるが
これはあくまで
オレの頭の中にあるコンボを探しの上での話であり
このカツ丼サクサクジューシーであり
ソースカツ丼としてはサイコーなのさ
そして
カツ丼を楽しんだ後は
半分ほど残しておいた蕎麦に
ようやくといった感じで
おろし出汁をぶっかけ
ズルズルズルーっと
出汁も残さず一気のみ
これで口の中もさっぱり
んまかった

んなわけで
蕎麦を楽しむ合間合間に
自分にぴったりな蕎麦カツを探し
ブツブツ書くことがあると思うが
ランキングしたいとかではなく
まあ自分への記録なので
ってことで
   そば処 裕心
     福井市若杉4−911

2018年7月9日月曜日

チャカ


チャカ・カーン
やっぱ
チャカ・カーンすわ
チャカ・カーン
やっぱ
かっけえっすわ

今年ニューアルバム出すとの事
そしてその1発目のシングルを公開


やっぱ
かっけえっすわ