2018年11月20日火曜日

沖縄 - 3&4日目


夜中に
いい具合に酔いしれながら
バーガーをほうばり
外に雨をかんじながら眠りにつき
朝目覚めると
外は快晴
そりゃそうでしょ
そうでしょ
って言いながら
思いながら
朝のビュッフェ
夜中のバーガーから5時間もたっていないのに
なかなかのヘビービュッフェ
んで
たまには
沖縄らしい
景色を
眺めながら
ドライブインに移動
ドライブイン
確かに本州でも昭和には多数存在していただろう
ドライブイン嫌いじゃない響きです

それにしても沖縄でハワイ
店内は
行ってみてくださいのお楽しみですが
レストランで小上がりの畳です
嫌いじゃない
んで
腹もパンになったところで
沖縄の中央部まで南下して
陶芸家が共同で活動している村
やちむんの里に

こちらでカラカラを探すことに
昨日手に入れた幻の幻の泡盛を楽しむために
んで
カラカラとか
昨日手に入れた泡盛とか
ここで聞いた伝統的な話とかはまたってことで
んで
そんな山の村から
街に移動
って行っても
この街のメインストリートはこんかかんじ
嫌いじゃない
むしろ好物です

そう
ここは大好きなコザ地区
んで
前回のブログでも紹介したんだけど
沖縄本島最北端のレコ屋に
残念ながら定休日
んで
お目当のあの店に向かって
歩いていたら
あっ発見
でも随分ボムられたな
2年前に来た時
設置されたばっかりだった時の映像はコレ

でもそりゃそうだよね
この地区じゃ
今回撮ってないんで
2年前の映像で見て欲しいんだけど
こんなかんじの日本じゃないよね
なストリートが続く

クローズの店多いし
多すぎるし
やっている店の閉店の間のカギも
日本で見ないようなどでかいカギをぶら下げたぶっといチェーンだし
半端ないグラフィティの数だし

けっこうおっかねえけど嫌いじゃない
んで
お目当の店に到着
そう
昭和31年創業という沖縄タコス発祥のこちら
チャーリー多幸寿
歴史を感じる店内
そして
なんと言っても
沖縄に来たら絶対にはずせない
こちらのタコス
とんでもなく
んまいのです
ハードシェルでもない
ソフトシェルでもない
ほんとここにしかない独特の
何個でもいけます
ほんと
んで
この後コザ地区をブラブラした後
那覇に移動し
今夜の晩飯フィールドをチョイス

なんか
もう食うために移動してるって言ってもいい

最終日の夜は
沖縄料理を満喫できるウチナー屋に
って毎日言っているような
沖縄最終日の夜は
オリオンビールでカンパイ
って毎日言っているような
んで
たらふく食べ

こちらでも
ふとした出会いが炸裂したりして
泡盛を盛る
これも毎日ね
んで
〆に沖縄の人はステーキ食うって聞いてたけど
いつも案内されるのは
呑んだ後はそばだし
って
通りの人に聞いたら
そば食うけど
そのあとやっぱステーキ食うよってことで
教えてもらったステーキ屋に
んで
夜中に200g以上のステーキをぺろり
あまりにんまかったのか
泡盛にやられていたのか
沖縄といえばの A1 ソースもつけずに
そのまんまでぺろり
そんなハードフルな夜を過ごした
5時間ほどのちの朝
やはり最終日の朝も
ビュッフェで目を覚ましつつ

それはそうと
沖縄の
那覇の
ど真ん中で
打ち止め21時間で600円っていう安さ
それにしても21時間って
とは思いつつも
まあもっと安いとこもあんだけどね
それにしても安い
んで
市場をうろついていたら
かまぼこ屋を発見

もちろん
ガブリ
んで
飛行機の時間も近づいてきたので
やはりはずせないこちらに
沖縄最終日のランチは
やはり沖縄そば
そして
ぜんざい沖縄でいうぜんざい
下に小豆ではなく金時マメが入ってんだよね
そして沖縄で言うぜんざい
まあいわゆるかき氷って
沖縄では年中食うんだよね
これが本州のとは違ってあっさりいけるんだよね
って
暑いからじゃないかな
なんて思いながら
空港で最終オリオン

それにしても
4日間で20食ぐらい食ったな
次はもうちょっと食わなきゃな
それにしても体重いな
なんて思いながら
オリオンおかわり
今回もありがと沖縄
またすぐ来るのでよろしく

2018年11月19日月曜日

沖縄 - 2日目


んで1日あきましたが
そうフクイに戻ってきてそうそう
呑みの会でヘロンヘロンになってました

んなわけで沖縄2日目の朝
快晴
というか朝から25度超え
初日は沖縄のど中心に宿をとったので
ここからスタート
と言っても
1本裏道では
本気で洗濯物を乾燥
本気でビニールテープではなく
セロテープで補修
そんなかんじがいい沖縄の中心地から
30分ほど移動した
小高い丘の上
そう
JEF
相変わらずかっこよすぎな佇まい
このルックス拝みに来るって言っても過言じゃない
もうこんな贅沢なルックス持つバーガーショップ出てこないよね

沖縄生まれのって
沖縄にしかないんだけど
JEF はドライブスルーではなく
本場のアメリカンスタイルで
ドライブインスタイルなのです
車を停めてその場でオーダーして
そこまでスタッフが運んできて
その場で食うっていうスタイル
(まあ詳しくは以前のブログでも書いてるのでコチラ
ローカルなバーガーショップという事で
近所のおじいおばあが朝からたくさんやって来て
新聞読みながらモーニングとかしてるナイススタイルなので
水とか置いてあるんだよね
ドリンク売れたらいいなーぐらいのかんじなのかな

JEF に足を運ぶのは外観を拝みに来るのもあるんだけど
やはりこれ
ぬーやるバーガー
スパムにゴーヤたっぷりのふわっふわ卵にとろーりチーズ
なんだか優しいのです
優しいからこそ
朝のビュッフェからまだ1時間ほどだというのにペロリ
んで
すかさず
以前世話になっていた友達が住んでいてた港町
糸満に移動
で市場で
いろいろ買い物
買い物だけのつもりが
市場の出口で
糸西南門小カマボコ屋
バクダンを揚げていたのでついつい
ガブり
ちなみに
糸西南門小カマボコ屋とは
にしへーじょうぐわーカマボコと読み
糸満といえばの沖縄カマボコ発祥の老舗

なんでも船上で漁師が作業しながらパクパクご飯を食べたのが始まり
って事で
沖縄伝統の油みそを中心におき丸めたご飯を
かまぼこで包んで揚げたものなんだよね
んで
これ食らった後は昼ごはんに移動
お昼はコチラ
新山食堂
ちなみに
しんざん食堂と読みます
ORION
ちなみにオリオンビールと読みます
沖縄そばも地方によっていろいろなスタイルがあるのですが
ここのは
沖縄の中央部にある名護のスタイル
平打ち麺の鰹出汁
ちなみに
この新山食堂は大正からやっている名護の老舗ですが
この日は名護ではなく
そうこの建物といえば
港川で頂きました

このエリア以前にもブログで書いたんだけど
その昔は
アメリカ人の居住区域として
区画整理された場所なので
基盤の目のようにきれいに
1階建てのコンクリートで作られた
白い四角い建物がずらり並んでいて
今はそんな跡地に
コーヒーショップや雑貨屋などいろんなショップが
ずらり展開している地区です




んで
昼そばもすすったので
北上
なんだかんだで

外の青空がくらくなったところで
晩ごはんでもって
新鮮な新鮮なやんばる島豚が七輪で楽しめるコチラに
本日採れたての地物のお野菜ありますよって
ひとつひとつていねいに名前とか教えたもらいましたが
すっかり忘れた
すんげえんまかった彩の野菜
ガツ刺しでオリオンをぐびぐび
豚舌もまた新鮮新鮮なんだけど
ネギをサンドしてるので
焼いて中からネギのジューシーアチいアチい汁が溢れてきて
これはもうもうたまんねえ
んで
他にもいろんななかなかお目にかかれない豚の部位などを
たらふく頂き
これはその中でもなかなかでしょ
豚足のスライス
これを炙ってカリッと
んで
これをアテに
今夜も泡盛タイム
そいで
この後いい出会いがあり
そこからの繋がりで泡盛を訪ねることになるんだけど
それはまたってことで

今夜の宿は
さらに北上して
沖縄の先端の方なので
夜食を確保するためににエンダーに立ち寄る
A&W いわゆる沖縄の人に言わすとエンダー
ことらもドライブインスタイル

宿に着いたのち
エンダーをほうばる
おっ
今日2バーガーだな
でも4食
バクダンおにぎり入れてぎり5食だな
うむ
明日は5食プラスおやつにしないとな