2017年4月28日金曜日

KAMI



明日から
大阪パインブルックリンにて
KAMI くんの個展
でも明日は京都なんだよな
その前でも後でも行きたいところだが
時間がかみあわない
別日に行くか

2017年4月27日木曜日

テッパンっぷり


ようやく来れた

ここのテッパンっぷりを
何年も前にオレに吹き込んだ
ここの地元の友達に誘導されようやく
顔づらから
もうパーフェクト
ん〜
この分厚い鉄板パーフェクト

場所は変わっても
鉄板の合い言葉に変わりなし
ホルワカニィーニィー
う〜む
堂々の鉄板イン
ブリッブリのホルとワカ
パーフェクト

とそこに
絶妙のタイミングで
フクイから登場
このルックスで鉄板好きの王子イン
グツグツ
グツグツ
とこの後はもちろん
うどんイン
このうどんが
これが
フクイの白うどんについにライバル現る
のパーフェクト

「この後〆のらーめん案内したかったんですが
もう時間が間に合わないんすわ」
の地元の声に
「いや〜今日はこれ以上のものはもうないし いらないよ」
の返し
ここのタレがまた独特のどろんどろんだったのだが
地元の声によると
この地域はだいたいドロドロ系との事
それを聞くと他も気になるが
次もまたここに来たい

そしてさらに驚いたのが
ここギンゲツというのは通称で
銀月とかいてギンツクが正式名称らしい

  銀月
    坂井市丸岡町霞町2-14-4
   

2017年4月24日月曜日

あってこそ


憧れの
こういう街並み

こういう街並みがあってこそ
画になるスケートボード

2017年4月23日日曜日

Noah Salasnek


ノア・サラスネック
スノーボードをやらない者にとっては
聞き覚えのない名前であろう
スノーボードにスケートのスタイルを融合させた第1人者
なんて言葉だけでは語れない
そして
簡単な言葉で言うなら
スノーボード界のレジェンドのひとり
ノア・サラスネック
彼の
SIMS 移籍後の一発目のシグネチャーモデルは
この画像のものではなく
あまりにも有名なソールがスケートボードのソールとして描かれているものだった
その板は所有していないので
ネットなどで検索してくれたまえ
名作の1本なのでうじゃっと画像がでてくるはず
SIMS Noah Salasnek で検索すれば1発のはず
デッキがオレンジ
ソールがイエローでスケートボードのヤツがそれだ
ちなみにこのソールのトラックは INDEPENDENT らしい
さすがプロスノーボーダーの前にスケートボーダーだけある

そこがスケートスタイルなスノーボーダーではない
本物のスケートボードとスノーボードの融合

その板が名作でもあるのだが
オレ個人の中では
もう1本の名作
ノアの箱船がドストライク時代なんだよね
見飽きるほど見ていたいろんなスノーボードビデオ
まあある意味オレのNo.1ヒーローはジェイミー・リンだったんだけど
それはさておき

ビデオの中でくり出 された
レイトなBS180やシフティーがとてつもなくかっこよく
その当時はまだVHSだったので
道中の車の中で見る事は不可能で
同じところを何度も繰り返し見て頭に叩き込んでから
ゲレンデに出かけたものだ
テールには
ノアの箱船の後方にクオーターをおいてスケートボードそているイラストなんてのも
彼らしい

ノーズにはちゃんと
US SIMS の文字
今の時代に大砲の矛先を向けるべくUSの文字

それはさておき
ノアのスタイルじっくり見直してみよう
今後ずっと
R.I.P. Noah Salasnek

2017年4月21日金曜日

すきや


かわいいコーハイ
気のきくコーハイ
カップを手に遊びに訪れた

みそ汁?
アルコール流し込みすぎてるでしょ
みそ汁は体にいいですよ
なんて気のききすぎる差し入れ
かと思いきや
コーヒーでした
なにげに差し出されるコーヒー
ありがたや

2017年4月20日木曜日

Thundercat


いよいよ
来週となった

Thundercat の来日
楽しみすぎるわけだが

そんな中 BBC の番組に出演した動画が公開された



なるほど
やはりベーシストということで
アレンジのパフォーマンス
これもスバラシイ
でもあえてなら
生で見るの1発目だし半分オリジナルまんまで
後半アレンジで興奮したいな
という贅沢

2017年4月19日水曜日

スイス


彦ニャンと対マン勝負
あったわけではないのだが
彦根の少し先に用事があったもので
やはり
このあたりまで来たからにゃ

バーグでしょ
バーグといえば
ってことで
やはり
ダブル(そんなメニューはないけどバーグ2個ね)

シングルにトンテキ

悩み

バーグメインの構成なので
おのずと白メシ(このライス100円っつーのがまた)
をオートでオーダーしていたシステムに
風穴を
ここのもうひとつの名物であるオムライスを初デビュー
ケチャップがギトらない
さらっとしたケチャップライスに
しっかり巻き込むかんじじゃない
ふんわりのせられた半熟たまご
こりゃぜつみょう

バーグが焼き上がるまでに
ぺろりといける量なので
バーグ到着のさいには
やはり白メシを呼び込める
うむうむ
オム1 シングルバーグ 白メシ
これから
このながれもひとつだな
このながれでオム400 バーグ500 白メシ100 計1000円というプライス

あいかわらず
みんなのお目当てのひとつ
スイス丼はいまだかつてオーダーしたことがないのである
たぶん、、、

   スイス
     滋賀県彦根市中藪町598−2

2017年4月18日火曜日

マッチ


昨日は
きのうシガライターって
言ってましたが
やはり持ち歩けないので
マッチ持ち歩いてます

最近マッチ持ち歩いてます
マッチの匂いいいですね
マッチ擦ったときの匂い
マッチ擦るって言い回しもいい

2017年4月17日月曜日

シガーライター


これでつけて吸いたいよね
なんかシガーライターから焦げたにおいするのがいいんだよね
車のダッシュボードのシガーライターを
カチッと押し込む
数秒後
カチッとあがってきたコイツでタバコに火をつける
まだ真っ赤な本体の電熱コイルの部分にタバコの葉が着いたままの
シガーライターごと車の窓から外にポイっ
小気味よいエンジンの音と走りさる

ん〜ハードボイルド
って時代じゃないんだろうね

オレの車にはシガーライター装備してるけどね

2017年4月15日土曜日

ホール


まあ続いてもいないが
夜に洋食屋に出かけてみた
なんか洋食屋ってやっぱ昼
ってかんじがするんだよね
でもかわいいコウハイの誘いだし
腹も減ってるし
むかし SQUAL がその店のすぐそばだった頃
よくハンバーグ食ってて懐かしかったし
とかなんとか
なんとかだし
はおいといて

とりあえず着いたので
やっぱグビッと
グビッには相棒が必要って事で
チキンをブリっと 
「ずいぶんぶりだな〜ここのハンバーグ」
って
言葉がオレの口から出るのを見はからったかのようなタイミングで
「ハンバーグは定番っすけど幻のオムライス知ってます?」
「ん?」
でも洋食屋は昼のものって思ってて
さらにさらにオムライスなんて昼もいいとこ
真っ昼間だぜ
とかいいながら
幻の言葉に
そこに誘導されてみた
やさしいお味でした
夜のヨウショクもいいね
ってブルドックの時も言ってたな
それにしてもむかしから気になってたけど
店名あまからで
なんなら正式にはグリルあまから
でなぜにアマカラホールなのか
カタカナにもなってるし
さすが創業昭和9年
まっそんなかんじすきだけど

   グリル あまから
     福井市西谷3丁目1303

2017年4月14日金曜日

Khalid


昨今の歌もの次世代のR&Bの波にのって
またひとり
って18才って
高校でたばかりだよね
女子をとろけさせる声の18才



生で見たいね

2017年4月12日水曜日

同じ色


さてさて
群馬県まで
荷物の車両と
人の車両にわかれて発射
この車両
送迎車とかじゃなく
いちスノーボーダーの個人車
ゆったり10人乗車できますが
あくまでも個人のマイカー
そんなこんなで群馬にむけ
スムーズに石川県通過
あっはいはい残り400キロほどね
軽快けいかい
って事で
スムーズに群馬の目的地付近ICを降り
先発の荷物車両と合流する前に
IC降りた目の前の店にスルリとイン
でカンパイ
その後
先発隊と接触後
パーティーにイン
ライブにフリースタイルラップにDJセットにと
ビールにウイスキーにワインにと
身をまかせ
まかせすぎた翌日
目的である
ここ群馬の天神平で開催される
国内というか
世界的にみて最大規模の雪のみで仕上げた
見事なまでの造形地形で遊ぶイベント
MINAKAMI VIBES 2017
にまるで近所の山にあがるかのごとく遅めのイン
下界は雨ながら
トップは
雨こそぬけたものの
ガス
もしくはそれを吹き飛ばす強風の
順番の連続
の為
様々なブランドのブースもテントなしの状態
そんな中 Stone-D も元気にブース出展
残念ながら
ご覧の天気で芸術的な雪の造形美がうまくお見せできない

この閉会式をやっている
このエンドボウルの巨大さを見れば
そのスケールも伝わるはず
ほんとこの MINAKAMI VIBES のスケールとオモシロさはハンパねーわけなのですが
今回は申し訳ないのですが
ここからが今回の旅の本題なわけなのです

2日間の疲れをもろともせず
イベント後
風呂toカンパイもスムーズにメイクし
往復900キロオーバーの運転も大変だろうから
人を載せる車両ごと運んじゃえ
ではなく
出発当初から前輪から聞こえる
あまり心地よくないサウンドを車内のナイスな音楽と
軽快なトークでかき消しながら走り続けたものの
帰路の途中からかき消せないボリュームをかまされつつ
なんとか石川県のサービスエリアにイン

そして見事にそこでアウト
そこから
前日の笑顔の集合場所まで
タクシーにて
2万3千円 x 2台+高速代で
ゴールイン
そんなゴールインの瞬間と時を同じくし

目的地のフクイのICを降りず通過していく景色を
ただ一人積載車に載せられたビックハイエース車両から眺めながら
どうやってこの積載車の運転手に「その先のICで降りてくれ」
と伝えようか考えていた
というのを知ったのは
次の日
同色の軽自動車で現れて初めて知る事になる
いや〜
力を振り絞って途中ゴールインしたサービスエリアで
足回りから火花と煙をまき上げていたのから考えても
みんな無事に帰ってこれてよかったから
言える楽しいトリップでした

2017年4月8日土曜日

ホンダ


いかしてるよね
なんかこんなマシンって
あったけーとこで
軽い格好で乗りたいよね
ほんといかしてる

2017年4月7日金曜日

桜えび


春だね〜
店の前もピンクに染まる季節だね〜
そうなんといっても
店の前の道は
さくら通り
っていうだけあり何キロにも渡り桜がキレイなんだよね〜
なんて
桜さくらって言ってたら
違うよ
花見したくなってきた
ってんじゃないよ

ってわけで
さらっと車をはしらせて
お目当ての
春らしい蕎麦をやりに
桜えびのかき揚げ蕎麦
駿河湾直送の桜えびを
カラッとサクッと
香ばしいのなんのって
海老が苦手で生はまったくもってで
でもエビのお菓子は大好物で
だからなのか香ばしく揚げられたこれは大好物
あっちなみに揚げた海老が好物ではない
海老フライもあまり
海老の天ぷらはまったくもってで

こう書いてみると
なんか好きな状態が見えてきましたね
まっそれはさておき
今日はコレが目当てだったので
こちらの一番名物のアレには目を伏せて
そばをずずーっといって
さらっと暖簾をかきわけ
すっと
あー春をかんじた
次はやっぱりアレで汗かきにこよう

   たからや
     福井市新田塚1−25−1

2017年4月6日木曜日

ナン


なんか突然
あっ
まったくもってダジャレじゃないよ
ときおり
むしょうに
食べたくなる


そいでもって
焼きたて運ばれてきて
最初のひとちぎりめアッチってなるってわかってるのに
やっぱりアッチって言う
言った

2017年4月4日火曜日

ぶっとばせ


夜をぶっとばせ
ってロックな気分で街ではなく
山の夜道を
ひた走る
 その先にあるものは
街では桜が芽吹き出しているのに
そこにあるものは
豊富な雪と 
ワンコも凍える
キンと冷えた澄んだ空気
真冬のハイシーズン同様な装備の
大人がこの山奥のこの極地にひしめきあう
この場所に
アウトドアブランドのブースや
本場のアラスカのバーガーが味わえると
全国からその味を求めて来店する長野の名店
Little Alaskan Small Cabin のブース
そして
この日は最近とんと炭火の前に立たない
ボス自らが腕をふるう
う〜〜ん
サスガにんまい
久しぶりのこの味に感動
ここフクイでというか
この山奥でこんな夜中にこの味をということに感動
ありがとうアメやん
メインフロアはというと
そんなブースの他
BBQ スタジアムや DJブースに囲まれた中央に
さまざまなアイテム
火のあかりを利用して
ビヨ〜ンと
もうなんなら火をこする
火にこすられる
なんならもう火と共に
なんて
いろんな大人
それも全国で名前の知られた相当な大人達が
火と戯れる続ける朝方まで
冷静なのはワンコだった

その場で思いついたアイデアをその場で形にして遊ぶ
まさにシンプルながら
子供にはまだまだ早い
大人の火遊び
それが
Jason Night vol.5? in FUKUI IZUMI

次回また開催の際は
ぜひ