2016年8月15日月曜日

100年10年


めったに行けない

そんな蕎麦屋は
街をぬけずーーっと続く田園風景をひた走った先にある
10年ほど前に開店したころ訪れてからなかなかたどり着けないこちらに
ひっさしぶりに
ほどよくまだ若いこちらのお店
築100年という屋敷にて十割蕎麦のみ提供
その当時よりやや値上げしたものの
このプライスなら納得
というかここのクオリティでと考えるとお値打ち
なんといっても
ここでの先発は普段の先発ざるではなく
しお蕎麦
そして
純粋に麺を楽しむべくざる
食べる直前におろしてくれる本わさびがまたマイルド
そして〆は
辛みのきいたおろし蕎麦
当時より麺は平たくなり
かみ応えもさらにで日々進化しているんだなあ
と思いながら
今度はいつこれるんだろうと暖簾をくぐった

   そば亭 鈴木
     福井市大盛り町8−20

なんといっても定休日が同じなもんでというおちではあるが
次もまたさらに進化していそう

0 件のコメント: