2019年7月20日土曜日

急ぐからこそ


少し前になるんだけど
かわいいマッチョが
かわいいマッチョってなんだって話になるとややこしいので
まあかわいいコーハイが
念願のお店を開いたんだよね

和のお店を開くために
和のお店で修行する前に
まずは魚屋の修行から始め
魚と包丁のイロハを持って
和の店で修行を積みあげにあげて

暖簾をかけたのは蕎麦屋

「いよいよ店構えることになりました」
「おーいよいよ カウンターのみの料理屋 もう少し広い感じで?」
「いえ蕎麦屋です」
魚屋で修行するきっかけとなった
最初に料理と携わった店で蕎麦を打った時の感じが忘れられず
和食を積みあげればあげるほど
その感触が色濃くなっていったという
んなわけで
彼の打つ蕎麦もちろんんまいのだが
もり蕎麦
おろし蕎麦
んまいのだが
やはり出汁がんまい
そして
なんとか懐石だ
なんとか割烹だ
と何かと何かを合わせて
1+1が2以上になるどころか1以下になってしまうような
ではなく
2以上どころかそれ以上になっているのがここ
だってそりゃそうだ
急がば回れではなく
急がば回って回って
最近とある人とこんな話したばっかりだな
とかく
和を積みあげて暖簾をかけたのだから

昼の蕎麦はもちろん
夜の料理も繊細です
そうマッチョではなく

   そば割烹
     福井市福新町1913

ちなみになんだけど
なにがマッチョなんだいってひっかかるとなんで
ただこの店の主人が
マッチョというあだ名ってだけです

0 件のコメント: